FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口腔顔面痛

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔の高山です。

梅雨が明け本格的な夏を迎えました。暑さに負けないよう体調管理をしていきたいと思います。

7月4~5日名古屋で第28回日本顎関節学会と第20回日本口腔顔面痛学会が開催されました。
顎関節学会では「歯科治療に関連して発症した神経障害性疼痛の3例」というタイトルで、共同演者として発表しました。
久しぶりに奈良医大の顎関節グループの先生方とも色々な話をしましたし、
口腔顔面痛学会では痛みに関する鑑別診断についてや、非歯原性疼痛に対する最新の考え方や治療方法について学んできました。
当院には顔面痛の方がたくさん来られていますが、見た目に痛さが伝わらなく、精神的にも苦しんでおられる方が多いです。
虫歯の痛みのようにすぐに治るものではないので難しいですが、しっかりとした診断と、それに合う的確な治療が必要です。
むやみに歯を削ったり、かみ合わせのせいにしたりしないように、可逆的な治療からスタートすることが大切です。

学会の前の週は恒例のプランニング教室でした。
今回は3名の初参加者を含め26名に参加していただきました。
今月は諸事情によりお休みですが、次回は8月1日に開催します。

学会の次の週は出張手術で、奈良県の医院で3症例の手術がありました。
上顎臼歯遊離端欠損2症例(うち1例はソケットリフト)と下顎無歯顎に対して即時荷重でした。
また、先週は台風直撃の日に午前中上顎骨移植症例、午後から岡山に行き岡山大学のインプラント講習会に参加してきました。
講習会の後はいつもの焼き鳥屋で濃厚なディスカッション。今回は某准教授も交えてかなり有意義でしたが、台風のため早目解散。翌日は朝から台風の中新幹線で出勤し、上顎ソケットリフト。
翌日は診療後新宮に出発。台風で黒潮が不通で松坂経由で何とかたどり着きました。
新宮では、若手Drや技工士さんが集まる勉強会が開催され、即時荷重のリカバリー症例について少し講演してきました。

週末はずーっと休みなしで、まあまあ忙しくしていますが、息抜きも大切です。
wain__.jpg
美味しかったです。

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。