スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント学会

ご無沙汰しておりました。
大阪市東住吉区にあります矢田医療センター口腔外科の高山です。

あっと言うまに2月ですが、年明けからバタバタ忙しかったです。
1月31日、2月1日は京都で日本口腔インプラント学会近畿北陸支部総会が催されました。
昨年秋に、大会関係者の先生から、衛生士セッションで発表してほしいというオファーをいただいており、当院の衛生士が「当院におけるメインテナンスプログラムの臨床的評価」と題して発表してきました。
メインテナンスの方法もまだ確立されているとは言えないのが現状ですが、当院の治療成績を絡め、その有効性を発表してもらいました。
また、当院の近藤先生には「過去13年間の当院で行った口腔インプラント治療に関する後ろ向き調査」と題しまして、当院における今までの治療成績を発表してもらいました。
前夜から雪が降り、なかなか風情があって京都らしかったです。
CIMG2074.jpg CIMG2089.jpg
午後からは晴れてきたので開場の京都大学を少し散歩して、iPS細胞の講演を聞いてきました。
やっぱりすごいですね!ちょっとだけノーベル賞の空気に触れら、さらに意欲がわいてきました。

お勉強の後はお決まりの反省会です。
今回、いつものプランニング教室のメンバーも多数発表されてて、その先生も含め京大の近くのお店で電車の時間が許すまで反省会。
当院のスタッフも全員参加で盛り上がりすぎましたかね?
私、電車に間に合いませんでした。


スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。