スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケーターアバットメント

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

朝晩の冷え込みがきつくなり、少し季節が進んだ感じがします。
健康管理には気をつけてください。

先週末は、恒例のノーベルガイドプランニング教室を開催いたしました。
この教室ももうすぐ2年になりますが、参加者も徐々に増え、相談症例も多くお持ち頂き活気が出てきたように思います。特に、この大阪の教室には技工士の方々も多く参加されております。
最近は、ドクターと技工士、歯科衛生士とのチームワークが非常に重要であると思いますし、多くの関係者の方もそのように感じておられるのでしょう。
この教室も来年1月からは毎月開催になります。お忙しいとは思いますが、多くの参加者をお待ちしております。

さて、この前のプランニング教室でも少しお話がありましたが、先日ロケーターアバットメントという物が承認され発売されることになりました。
これはインプラントの土台部分と義歯とをボタンのようなもので固定する装置です。
簡便で高さや角度の制限が緩和されたことで適応症例が拡大されたこと、維持力の調整が可能などの利点があります。可綴式(取り外し式)にはなりますが、唇の張りや、痩せた骨を義歯で回復させることが可能になります。
また、少ないインプラント本数(1~4本)で対応できるため経済的な利点も出てくるかと思います。

欧米ではすでに使用されていますが、まだまだ中長期的な予後が分からないところが欠点かも知れません。
もう少し情報を集めしっかり吟味していきたいと思いますが、今後この装置の活躍の場が広がりそうな予感がします。

このように歯科医療(特にインプラント分野)は日進月歩で進化を続けています。
常に最新の情報をチェックしながらも、メーカーや外国からだけの情報に踊らされること無く、きちっとした評価のもと、患者さんに提供していきたいと考えています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。
これからインプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方、また一度諦めた方も時代は変わっています。ぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。


スポンサーサイト

デンタルコンセプト21例会

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週は東京でデンタルコンセプト21というインプラント治療に特化した勉強グループの例会に参加してきました。
昨年は私が症例を提示し講演したのですが、今年は当院の歯科衛生士に講演してもらいました。
他の衛生士も全員参加しみんなで勉強もしてきました。
発表時間の直前になると、自分の発表よりも緊張し、ドキドキしました。
が、発表も上手にでき、内容もなかなかで非常に良かったと思います。他の多数の先生方からも、お褒め頂きホッとしています。また硬化性骨炎についてのディスカッションでは、コメントを求められ、少し話もさせてもらいました。
DSC05735.jpg  DSC05809.jpg
ここ数年は、ドクターだけでなく、技工士や衛生士のセッションもあり、かなり内容の濃い会になってきてると思います。今年もなかなか良い話も聞けました。

ただ、懇親会後に開かれた理事会で、来年大阪で地方会をすることが決まってしまいました。
関西支部長をしていますので、また大変だと思いますが、いつかはしないといけないので頑張ります・・・。

また、今週末にはプランニング教室を開催します。その中で、今回の例会の報告も少しさせていただこうと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。