スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベルガイドのプランニング教室

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。
朝晩の冷え込みもきつくなりだんだんと冬の匂いがしてまいりました。

先週末は恒例のノーベルガイドプランニング教室を開催いたしました。
101127planning.jpg
今回は参加者の先生方が多くの症例を持ってきていただき、盛り上がりのある勉強会になったような気がします。回を重ねようやく本来目指していたプランニング教室の形になってきたように思います。
先々週のインプラント学会でも、術前診断がきちっとできていなかったためにトラブルになり訴訟になった症例がいくつか紹介されていましたが、これからは術前にCTを撮影し、3次元的に診断をし治療計画を立てて行くことが重要になってくると思います。
CTを撮影しても、しっかりと診断できなければ意味がありません。CTを撮影するだけでなく、そのデータを診断しやすいようにコンバートし、実践可能なプランニングをする必要があります。
まだまだ、CTデータをうまくコンバートできない、あるいはCTデータだけを見てしまい非現実的なプランを立ててしまっている先生も多いのが現状です。
毎回参加し熱心に勉強している先生は、どんどん進歩してくれています。今回もそのような症例を発表してくれ、私も非常にうれしく思いました。
今後もこの教室を通じて、参加されている先生方が(私も含めて)レベルアップしていけるような勉強会に発展させたいと思っています。

次回は1月15日(土)に開催します。また、3月6日(日)には1周年記念講演会を企画していますので、また多くの先生方の参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

インプラント学会での発表

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週末は、福井で開催されました、日本口腔インプラント学会に参加してきました。
当院からも、副医長の松原先生が当院での治療成績などをまとめ発表しました。
hukui.jpg
過去のデータを間違いや抜けなく集計する作業は非常に大変な作業で、何回もチェックをしながら約半年ぐらいかけて集計したデータです。
当院では今後、一般的な臨床データだけではなく、当院での治療成績も合わせて治療を受けられる方々に情報提示していきたいと考えています。

貴重なデータを集計し、ご苦労様でしたということで、土曜日の夜は以前当院で活躍してもらった先生方も含め6名で、美味しいカニをたらふく食べてまいりました。
今後も引き続きデータを積み重ねていく必要があるので、今後もがんばってもらいたいと思います。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

今週末(11月28日)にはノーベルガイドのプランニング教室を開催します。今回は今話題の All-on-4 について少し私なりの考えも交えお話したいと考えています。参加ご希望の方はお早めにお申し込みをお願いします。

デンタルコンセプト21

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先々週は夢を語る話を聞きに行ってきました。夢を実現するためには、諦めないことらしいです。なるほど!
私も、インプラント治療が無理だと言われ諦めてている人や、インプラント治療がうまくいかずリカバリーが必要な人などに、何とかインプラント治療を可能にし、笑顔と楽しい食生活を取り戻すための力になれるようがんばりたいと思います。
当院が中隔となって、一般の医院とも連携しし、より良い治療を提供していけるようになりたいと思っています。
他院や病院(大学病院やインプラントセンターを含め)などで無理だと言われた方も、一度当院でご相談下さい。
DC21.jpg
先週は東京で開催されたデンタルコンセプト21というスタディグループの例会に出席しました。
土曜日は衛生士向けのセッションがあり、当院の衛生士も全員出席し勉強してきました。積極的に質問もしかなりいい勉強になったようです。講演の内容については、スタンダードプレコーションのことを中心に、手術や日々の一般診療における衛生管理に関することで、当院ではすでに実践されていることでした。しかし、われわれが日常行っていることが間違っていないという確認ができ良かったと思います。

日曜日はドクターセッションで、300名近い先生が全国から集まっていました。今年は各支部を代表して講演行ったのですが、私も関西支部の代表として講演させていただきました。
会全体としては、今後インプラント治療のガイドラインになるようなものを作っていくという目標があるようですが、私もその一助になればと思っています。

今週は福井で開催される、日本口腔インプラント学会に行きます。ここでは当院の臨床成績をまとめ、副医長の松原先生に発表してもらいます。
また、来週にはノーベルガイドのプランニング教室を開催します。今回は今話題の All-on-4 について少し私なりの考えも交えお話したいと考えています。参加ご希望の方はお早めにお申し込みをお願いします。

距離感

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。
C3Murabe.jpg
先週は1例のインプラント埋入手術をしました。
両側大臼歯部に1本づつの埋入でしたが、CTにて上顎洞まで右側で約5mm、左側は約3mmしか骨がなく、通常サイナスリフトをするところなのですが上顎洞内の形態等を考慮し今回はソケットリフトを選択しました。
術式を選択する場合のポイントはいくつかあるのですが、今回は難しい話はやめておきます。

私も楽しみに読んでいるブログがいくつかあるのだが、その一つに「うXXXのゴルフ日記」というのがある。ここからはそのゴルフ日記風に行きたいと思う。
スポーツの秋ということもあり、先月は最近めったに行かなくなったゴルフに行く機会があった。一回は全国(北海道から九州)の歯科医やその関係者が参加した大きなコンペで(今年で5回目らしい)、数ヶ月ぶりのラウンドで今年6ラウンド目。しかも同じ組に東京の超メジャーなM好先生。緊張が良かったのか43.38のグロス81(今期ベスト)、しかもぺリアの隠しホールがはまりハンデ12でネット69!43名の参加があったが、2位に2打以上の差をつけての初出場初優勝であった。おかげで超有名な某スタディグループのトップのY崎先生の前で、優勝の弁を述べさせてもらった。これで私もメジャーになれるかも・・・?
101021golf.jpg
その数日後、学生時代の友人(ライバル)との久しぶりのラウンド。前日は遅くまで酒をのみ楽しい時間を過ごしたが、おかげで次の日はまたまた2日酔い。小雨の降る中最悪のコンディションであったが、数年ぶりの4人揃っての直接対決で妙に楽しすぎる。力みすぎてティーショットはフック(持ち球はフェード)し、アイアンもパターも距離が合わずなかなか思うように行かなかった。結果は私が89。他の3人が87と悪いなりの大接戦であった。

いつもラウンド後色々と反省をする。今回はパターの距離感が悪すぎなかなか遼くんのようには行かないと思っていたのだが、ふとこの4人でのラウンドが妙に楽しいことに気づいた。4人それぞれの距離感が心地良いのかも知れない。
よく波長が合うとか合わないとかと言うが、人と人との付き合いも距離感が大切なのかも知れない。おそらく人との付き合いにもお互いが心地よい距離があるのだろう。その距離を測って付き合うことは無理だと思うが、無意識のうちによい距離感が生まれることで、お互いの信頼関係も築けるような気がする。この3人とももう四半世紀の付き合いだ。特に何かを意識して付き合っているわけではないが、一生この関係が続くことを願う。

職業柄人と接することが多いが、一緒に働く仲間や患者とも心地よい信頼関係の中で日々仕事をしたいものである。
われわれは誠実に診療をしているつもりであるが、時にそれが患者や仲間に伝わらないこともある。非常に残念で悲しくなるときもあるが、多くの方には伝わっていると信じ、くよくよせずがんばろう。
明日は夢を語る人の話を聞きに行く予定である。新しい感動があればと期待している。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。