FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山大学での講演

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週は岡山大学にて、「インプラント外科に必要な骨増生術」というタイトルで講演をしてきました。
昔、私が講義を受けていたところで、私が講演をすることになり、非常に光栄なことだと思います。
最近は人前で話をする機会も増えてきたのですが、私が学生時代にお世話になった先生や、色々と指導いただいた先生の前で話をするのは大変緊張しました。また、私の学生時代を良く知っている同期や後輩の先生も多数出席してくれていました。その先生たちは多分不思議な気分になったのではないかと思います(理由は秘密です)。
遠方から来られていた先輩も懇親会にまで参加頂き、また多数の先生方から講演内容をほめていただき感謝・感謝です。
ありがとうございました。
okadai
また、その日は講演の前に、大学院生の研究発表会もあり、最新の大学での研究にも興味があり私も参加しました。みんなかなり緊張した面持ちで発表していましたが、私もそうだったのかなあ?10年近く前のことですし、こうゆうことは過ぎてしまえば忘れてしまうものです。

講演の後は、研究発表会の打ち上げと私を囲む会を企画していただき、40名ぐらいの先生が集まっての大宴会となりました。
2次会にもさそわれるがまま参加したのですが、若い先生からは、講演の内容について色々と質問攻めにあい、今回は酔っ払うことなく、また非常に楽しい気分で無事ホテルに帰れました。全体的に若い先生が多く、非常に活気ある教室だなあという印象を強く受けました。
今回もまたまた若いエネルギーを吸収して帰ってまいりました。
私もパワー全開でがんばっていこうと思います。
スポンサーサイト

歯槽骨の仮骨延長術

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

16~18日は、千葉県の幕張にて日本口腔外科学会の学術大会が開催され、当院のドクター全員で参加してきました。
16日(土)には医長の藤井先生が自身の研究成果を発表し、18日(月)には非常勤医の川島先生に「インプラント固定の暫間補綴物を利用し延長方向を制御した仮骨延長法の1例」という(少しタイトル長いですが)、当院で行った症例を発表してもらいました。
10kouge 1 10kouge2.jpg
仮骨延長術では、延長方向をコントロールすることが非常に難しいのですが、今回少し工夫をしたことで、延長方向をうまくコントロールできたのでその概要を発表してもらいました。
発表時私は会場にいることができなかったのですが、何個かの質問にも川島先生と医長の藤井先生がしっかりと答えてくれたようです。
前回の松原先生の学会発表のときも書きましたが、みんなが徐々にしっかりしてきてくれたと思います。当院も最近少し層が厚くなってきたという感じです。あともう少し力強さが加わればさらに良いのですが・・・。
来月にはまた松原先生が、日本口腔インプラント学会で当院のインプラント治療の成績を発表する予定です。
また、今週木曜日には、私が岡山大学において、「インプラント外科に必要な骨増生術」と題する講演を行います。
昨日帰ってきてまた明日から出かけます。休診日も増え、私の診察日も減りご迷惑をおかけしますが、学術の秋ということでご容赦願いたいと思います。

ご無沙汰しておりました

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

長らく更新をサボってしまいましたが元気にしております。
春先からずーっとバタバタしていたのですが、最近少し落ち着いたような感じで、ちょっとホッとしてしまいブログを書くのをサボってしまいました。
この間特に変わりはなかったのですが、少し涼しくなってきたのもあってか、私の携帯に頻繁に「本日の釣果」と題するメールが届くようになりました。
タチウオ
なかなか週末等は予定が入っていて釣行できないので、先日診療終了後高速を飛ばして(制限速度で)和歌山まで行ってきました。日付が変わる頃には帰ろうと心に決めて行ったのですが、釣れても釣れなくてもなかなか帰れないものです。何とか朝日が出る前に帰宅できましたのでギリギリセーフといったところです。
翌日少しつらかったですが、いいリフレッシュができました。

今週末から、千葉で日本口腔外科学科が開催されます。当院からも演題を出しております。そのため16日(土)と18日(月)は休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがなにとぞご理解いただきますようお願いいたします。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。