FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術アシスト

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

暑い日が続いております。熱中症にはご注意を!

先週は神戸の医院に手術のお手伝いに行ってきました。
上顎第一大臼歯部に1本埋入の症例でしたが、CTにて5mm程度の骨が認められ、ソケットリフトで対応しました。
以前ご自分で手術された際、上顎洞の粘膜が破れてしまったそうで、今回は私がお手伝いに行きました。
ドリルで上顎洞側の皮質骨を抜く感覚を伝授させていただきましたが、初めてその感覚が分かったと非常に喜んでいただけました。
術中色々と会話もするので静脈内鎮静を併用したのですが、患者もとても楽だったと言って喜んでいただけ、先生も鎮静の効果を経験でき二重に喜んでおられました。
コツはドリリングだと思うのですが、講習会などで話を聞いたり、写真やビデオを見るより、やはり生で見るのが一番だと思います。
また、講習会等で学んでマネするのではなく、しっかりとした手術を見学あるいは介助し、自分が行うときは経験豊富な先生に介助や指導してもらうことがのが手術上達の一番の近道だと思います。(大学病院等ではそうしています)

手術後食事をし、その後久しぶりに神戸の街をブラブラしホロ酔いながら懐かしんできました。

今週末の12・13日は夏休みのため休診になります。ご理解のほどよろしくお願いします。
スポンサーサイト

出張手術

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週は大阪市内に2件の出張手術に行きました。偶然2件ともソケットリフトの依頼でした。

1件目は20代の沖縄県在住の女性で、依頼された先生がソケットリフトの経験がないということで、ソケットリフトをその先生にしていただきました。私は途中まで手術を行い、先生にソケットリフトの感覚をつかんでいただけるように途中で手術を交代し、私は途中からアシスタントを務めさせていただきました。また、当院のスタッフも同行し、手術の準備から術中のアシスタントワークについて指導させてもらいました。抜歯してまだ間がなかったため、少し難しい手術になりましたが、予定通り手術ができました。術中いろいろとアドバイス等行いますので、患者さんが不安にならないよう、静脈内鎮静を併用して行いましたので、患者さんも、われわれ術者も楽に行うことができました。

2件目は、ご年配の女性の方ですが、顔が腫れるのが困るということで、最小限の切開と剥離で行いました。骨量が少なく上顎洞内に中隔があり、こちらの症例も簡単ではなかったのですが、術前にCTを撮影し、中隔部にインプラントを埋入することでサイナスリフトをすることなく埋入ができました。術後のレントゲン写真では、術前に計画したとおりにインプラントが埋入されており、患者さんにも先生にも非常に喜んでいただけました。

当院では、症例相談をはじめ、相談にこられた先生方や手術の依頼をされた先生方が安全に手術を行えるようにアドバイスやお手伝いをしたり、私どもと一緒に先生方に解説をしながら手術を行ったりしています。また、スタッフの方々にも安全にまた円滑に手術ができるようにアドバイスやお手伝いを行ったりもしています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。