スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜歯即時埋入・即時荷重

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

アッと言うまに桜も散ってしまいました。

先週は2例のインプラント手術と、奈良県で2例の出張手術がありました。

先週末は抜歯即時埋入即時荷重を行いました。
4本のインプラントで行いましたが、いわゆるオール・オン・4ですが、中身は少し違います。
私はやっぱりストレートアバットメントのほうが良いと思っています。
部分義歯を使用していた方ですが、残存歯の動揺が激しくなりインプラント治療を受けられたのですが、お昼前に来院し、昼過ぎにはインプラント固定の歯を装着しました。
「これでなんでも噛めそうだ」と言って喜んでいただけましたが、しばらくは柔らか目の食事を!

もちろんノーベルガイドを使用したのですが、抜歯即時の場合は少し工夫が必要です。
ノーベルガイドの手術では、ラジオグラフィックガイドの作製から手術が始まっているようなもので、ここからしっかりとやっていかないと手術はうまくいきません。
まだまだその辺のところを理解されていない先生も多いように思います。
また、この症例もプランニング教室で提示していきたいと思います。

そういえば、手術後プランニング教室を行いました。
こちらは つづき・・・
スポンサーサイト

医療連携

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週は堺市の医院から紹介で来られた症例の手術をしました。
Monzen bone
上顎無歯顎で、歯槽骨が高度に吸収している症例でしたが、ノーベルガイドを使用し、両側上顎結節、サイナスリフト、前方部はナローインプラントを用いて、何とか6本のインプラントを埋入し即時荷重を行いました。
当然、手術当日に固定式の歯を装着して帰っていただいたわけで、患者さんも喜んで帰られました。

手術には紹介医の先生も一緒に入っていただきました。
手術は私がしましたが、術後のプロビジョナルは紹介医の先生とそこの技工士さんとで作製していただきました。
今後の最終補綴とメインテナンスも紹介医のところで行っていく予定です。
手術翌日には紹介医の先生からメールを頂き「先生にお願いして良かった!」と喜んでいただけました。
また、どこへ行っても無理だと言われていた患者さんにとっても、われわれが上手く連携を取ることで快適な生活を取り戻すことができ、非常に良かったと思います。

今回の紹介医の先生は補綴のプロで、プロビジョナルの作製等私も参考になったことがありました。
そういった意味でも今回は上手くコラボできたのではないかと思っています。

やはり難症例に取り組む場合、それぞれの専門知識と技術をフルに発揮出切る事が成功への近道ではないかと考えます。
自分ができないから無理ではなく、上手く連携をとって少しでも多くの患者さんを救っていけるようにして行かなければならないと思います。

われわれもそのようなことには喜んでお手伝いしていきたいと考えています。

ノーベルアクティブ

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。
大寒波の影響で非常に寒い日が続いております。体調管理には十分気をつけたいと思います。

先週は当院で1例、奈良県の歯科医院で3例のインプラント埋入手術を行いました。
P7.jpg
水曜日は上顎に対しノーベルアクティブという最近発売されたインプラントを使用し即時荷重を行いました。残存歯がありましたが、残存歯を抜歯し、ノーベルガイドを使って埋入しました。歯肉を開くことなく手術しましたので、術後の腫れや痛みも無く経過も良好のようです。
ノーベルアクティブは非常に評判は良いですし、埋入した感触も良かったのですが、今後も注意深く経過を追って行きたいと思っています。

日曜日は別の医院で、下顎の両側遊離端欠損と、下顎両側遊離端欠損・上顎片側遊離端欠損の2症例の手術を行いました。大学病院の先生や総合病院の先生が集まり、にぎやかな雰囲気の中で10本のインプラントを埋入しました。外科に精通した先生や麻酔に精通した先生、インプラント専門衛生士の方々にお手伝いしていただき、非常にスムーズな手術ができ、2例とも予定より早く手術ができました。日曜日にも係らず、これだけの人が集まるとは・・・、これも院長の人徳か!?

当院での1例は、ビスフォスフォネート服用患者で、休薬後抜歯し、治癒を待ってインプラントの埋入を行いました。
少し前にも同剤服用患者にインプラントを埋入しましたが、経過も良好で現在暫間補綴物を装着して経過を診ています。
このような症例の場合、内科や整形外科との連携が必須になってきます。
インプラント治療に限らず、全身的な疾患に対してもしっかり対応できるということも医院選択の基準になると思います。

当院のドクターは全員、口腔外科・救命救急科・麻酔科の研修を終了し、日本口腔外科学会の専門医あるいは専修医の資格を有しており、また歯科衛生士は全員、日本口腔インプラント学会認定のインプラント専門衛生士ですので安心して治療を受けていただくことができます。
また、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療も行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。
インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います

先週のインプラント手術

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週は当院で1例、大阪市中央区で1例、奈良県で4例のインプラント手術がありました。
当院では上顎無歯顎症例に対し、ノーベルガイドを使用した即時荷重を1例行いました。
肺気腫の持病をお持ちの方で、長時間の手術には耐えれないということでフラップレスで6本のインプラントで即時荷重を行いました。朝総義歯で来院されお昼には固定式の歯を装着して帰っていただきました。術後腫れも痛みもなく快適に過ごされ、下顎も同じようにしてほしいと言われてました。
この手術は和歌山県の病院の先生が見学にこられ、今度初めてガイドの手術をされるようで、非常に参考になったと言っておられました。

C2.jpg

大阪市中央区でも上顎無歯顎に対しノーベルガイドを使用して6本のインプラントで即時荷重および下顎両側遊離端欠損に対し5本のインプラント埋入手術を行いました。非常に多忙な方のようで、手術は1回でしてほしいと希望されていたようで、1回の手術で上下顎の手術を行いました。
デンタルチェアを使って手術をしたのですが、インプラントの埋入本数が増えると、骨の切削片が吸引のフィルターに何回もつまり、そのたびに手術が中断され予定より少し時間がかかってしまいました。当院では手術用の吸引を使用しているのでこのようなことは起こらないのですが、やはり設備も非常に大切であるということを痛感した手術になりました。手術時間が長くなることは、患者の負担にもなりますしリスクも高くなります。吸引機もそれほど高額ではないので、ぜひ購入し術者患者の両者が快適に手術できるような環境つくりも重要であると思います。
奈良県では4例中の1例が、他院で埋入したインプラントが破折し、その医院で除去できなかったインプラントの除去手術がありました。埋入時も除去を試みたときも、ものすごく腫れたようでインプラント治療に不信感をお持ちでしたが、除去後インプラント治療について色々とお話させていただきましたら、次はここでインプラント治療をお願いしたいと言って帰っていただけました。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

3月27日のノーベルガイドのプランニング教室は定員になり締め切りとさせていただきました。今後は2か月に一度のペースで定期的に開催する予定にしておりますので、今後とも多くの先生方に参加していただきたいと思います。

即時荷重のセミナーを開催しました

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

100208セミナー


昨日当センターで2回目の即時荷重セミナーを開催しました。今回も岡山、兵庫、和歌山、奈良など遠方より多数の先生に参加していただけました。前回は9月に開催しましたが、参加できなかった先生などから、もう一度してほしいというリクエストにお答えする形で開催したのですが、前回参加いただいた先生も数名参加してくれました。
内容は前回とほぼ同様で、即時荷重の背景やインプラント治療の基本的なことから即時荷重の術式について詳しく解説し、即時荷重を成功させるためのガイドラインについて私の症例を供覧しながら考察していくといった内容です。また、ノーベルガイドを使った症例も提示し、その使い方や有効性についてもお話させていただきました。

ノーベルガイドについては、今後プランニング教室を開催する予定であり、その中でさらに掘り下げた議論を行って行きたいと思います。
第一回は3月27日(土)に開催します。詳しくはノーベルバイオケア社のホームページのセミナー案内にも案内されています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠および医学的見地に基づいた治療を行っております。すなわち治療を受けられる方に幸せになっていただけるように努力するだけでなく、われわれの治療実績や臨床データを整理し、検証し次の症例に生かすことのできるように日々努力しております。
インプラント治療をお考えの方、他院(インプラントセンターや大学病院など)で無理といわれた方でも、ぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

尚、2月13日(土)は休診になります。ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。