スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベルクリニシャン

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週はノーベルガイドのプランニング教室を開催しました。
最近は、新しい先生も多数参加していただき、また、症例相談も数多くなってきて非常に盛り上がりのある教室になってきました。
インプラント治療を行う場合、術前の設計でかなり結果が変わってきます。
ただ、コンピュータの画面でゲーム感覚で設計するのではなく、術前の画像診断で骨の状態を把握し、どのような歯を装着するかといったところまで設計をし手術に臨まなければなりませんし、術中に遭遇する可能性のある出来事を予想し、その対処にいたるまで準備をしておく必要があります。
手術中に「想定外」は許されません!
そのようなことの無いようしっかりと準備をし、より良い治療ができるように価値ある教室にしていきたいと思います。
P1000094.jpg 図1

ノーベルガイドのソフトももうすぐクリニシャンというソフトに変わります。
良い診断、治療計画を建てるためには、ソフトの使い方も勉強しないといけません。
これは、パソコンに強いものが勝つのではなく、やはり知識と経験と何より熱心さが重要だと思います。
来月(6月18日)にはクリニシャンの操作説明会(ハンズオンあり)を無料で開催します。
また7月9日のプランニング教室の前にも操作説明会を行います。
ぜひ参加し、よりレベルの高い設計ができるようになればと思います。

スポンサーサイト

ノーベルガイドプランニング教室

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

先週の土曜日(3月27日)にノーベルガイドプランニング教室を開催しました。約40名の参加者が集まりました。岐阜県や三重県など遠方の先生方もたくさん参加していただけました。また、大阪での本教室オープニングということもあり、プランニング教室の創設者でもある中村社綱先生が特別講師として九州よりわざわざ駆けつけてくれました。

プランニング

今回たくさんの先生が参加された背景には、ノーベルガイドへの関心が非常に高いということだと思います。
すなわち、インプラント治療において、ひと昔前は、オッセオインテグレーションの獲得ということがメインの課題だったように思いますが、近年その概念は確立されインプラント治療が予知性の高い治療法たなりました。最近では補綴主導・審美性・安全性・効率性・患者主導の低侵襲手術・即時荷重などと言ったことがトピックになっています。それらを達成していくための手段の一つとして、ノーベルガイドは非常に注目されているからだと言えるでしょう。
ただし、それを有効に活用し成果を得るためには、それなりの知識と技術と設備が必要になってきます。
私のプランニング教室では、それらのことを習得していただけるような教室にしていきたいと考えています。今後2か月に1回のペースで開催していきます。多くの先生方に参加していただき、多くの方々により良い治療を提供できるようになれば幸いです。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

次回のプランニング教室は5月15日(土)19:00~となっております。次回も多くの先生方に参加していただきたいと思います。


ノーベルガイドによる傾斜埋入

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

yasui occ

先日左側上顎大臼歯部に1本と右側上顎小臼歯部に2本のインプラント埋入手術をノーベルガイドを使って行いました。大臼歯部は骨量が少なく、垂直的に4mmしかありませんでしたが、サイナスリフトやソケットリフトをせずインプラントを傾斜させることによって十分な長さ(10mm)のインプラントを埋入することができました。
通常口蓋側に向かって傾斜させることが多いのですが、この症例では、頬側に骨があり頬側に向かって傾斜させました。非常に狭いところを狙って埋入したのですが、術前にCTを撮影しプランニングをし、ノーベルガイドを使用したことで、プランニング通りに埋入できました。また、非常に視野の取りにくい部位でもあり手術を1回で済ますため、歯肉に切開を入れないフラップレス手術で行うことができました。
フラップレス手術をすることにより、術後の腫れや痛みはまったくなかったようで非常に喜んでいただけました。
ノーベルガイドは、低侵襲手術を可能にし、ピンポイントにドリルや埋入を可能にしてくれます。しかし、それを確実に行うためには、熟練した技術と、正確なプランニングが必要です。

この手術の際、堺市の先生と舞鶴市の先生とスタッフの方が手術の見学にこられました。見学にこられた先生には、術前にプランニングについて解説させていただき、その後実際の手術を見ていただきました。まだノーベルガイドを導入されていないようでしたが、非常に興味を持たれたようです。またスタッフの方は、当院の滅菌システム等を熱心に見て帰られました。

3月27日には、ノーベルガイドのプランニング教室を大阪でも立ち上げることになりました。大阪では私が講師を務めることになりました。その中で、今までの症例や、今後の症例も提示し、参加者全員でディスカッションできるような勉強会にしていきたいと考えています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠および医学的見地に基づいた治療を行っております。すなわち治療を受けられる方に幸せになっていただけるように努力するだけでなく、われわれの治療実績や臨床データを整理し、検証し次の症例に生かすことのできるように日々努力しております。
インプラント治療をお考えの方、他院(インプラントセンターや大学病院など)で無理といわれた方でも、ぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

ノーベルガイド

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

新年を向かえもうすぐ2週間になりますが、すっかり正月気分もなくなり、日常の慌しさに戻りました。

年末には奈良県の先生から症例相談がありました。上顎の臼歯部が欠損しており、骨量が少ない症例でしたが、糖尿病をお持ちのようで骨移植等をせず何とかインプラント治療ができないかという相談でした。年始早々にラジオグラフィックガイドを作製し、CTを撮影しましたが、何とか骨移植をせず手術ができそうです。非常に骨量が少ないのでピンポイントに埋入する必要がありますので、ノーベルガイドを使用することになりました。手術日が決まっていたので、大慌てでプランニングしノーベルガイドをオーダーしました。
また今週には、大阪市内の先生から、上顎無歯顎の症例に即時荷重をしたいとの相談がありました。この症例もノーベルガイドを使った即時荷重をすることになると思います。

今までは、難症例や無歯顎の症例にノーベルガイドを使っていたのですが、メーカーからの依頼もあり、今後は部分欠損の症例にも使って行きたいと思っています。
どのような症例にノーベルガイドを使用すればより有効であるのか、またどのような形で使用すると効率がいいのかといったことを今後十分に吟味していきたいと思います。
今後それらの結果や成果を学会やセミナーを通じて、発表していけるようにしたいと思います。

今月末の31日には、和歌山で開催される、日本口腔インプラント学会で症例報告を行います。
また2月7日には、2回目の即時荷重セミナーを開催します。詳細はホームページに掲載されています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

ノーベルガイド手術

大阪市東住吉区にあります矢田医療センター歯科口腔外科の高山です。

今年は暖冬予想でしたが、急に寒くなり、先週は大阪や奈良でも雪のちらつく日がありました。

kakimoto.jpg

先日奈良県の医院で、ノーベルガイドを使った即時荷重の手術を行いました。以前から相談を受けていた症例ですが、骨幅がなく非常に難しい症例でした。本来なら骨移植が必要な症例でしたが、糖尿病を患っておられたため骨移植をせず、小臼歯部にはナローインプラント(細いインプラント)を使用し、また上顎結節の骨を使いインプラントを6本埋入し即時荷重を行いました。非常に骨幅の少ない症例でしたが、ノーベルガイドをうまく利用することで何とか手術は成功しました。手術を依頼された先生も初めてノーベルガイドの手術を見て、その精度の高さには驚いておられました。また、手術を受けられた患者様も、経過良好で非常に喜んでおられるようです。

難症例に対してうまくノーベルガイドを利用するためには、正確な診断とプランニングが重要です。23日の講演では、このような難しい症例に対し、どのように診断しプランニングをしていくかについて、症例を提示しながらお話したいと思っています。また、来年からは、ノーベルガイドのプランニング教室をスタートさせる予定です。その中でも、基本的なことからアドヴァンス的なところまで、総合的な勉強会にしていきたいと思っています。

矢田医療センター歯科・口腔外科では、科学的根拠に基づいた治療を行っております。 特にインプラント治療においては、クリーンルーム(無菌室)である手術室を完備し、最先端の高度な治療を行っており、インプラントセンターや大学病院などからの紹介患者も当院で手術しています。 インプラント治療をお考えの方、他院で無理といわれた方はぜひ当院で一度ご相談下さい。最善の治療法をご提案できると思います。

12月28日の午後の診療から1月3日までは休診とさせていただきます。1月4日(月)からは通常通り診療いたします。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。